Loading...

ステアリングダンパー

大径タイヤ装着時のハンドリングを安定化。

Scroll

ドライビング時の理想的な減衰力に調整済み。

ステアリングダンパー

高大径タイヤ装着によるステアリングのふらつきを抑え、ハンドリングを安定させる定番パーツです。横押し専用構造とすることで、理想的な減衰力50:50を実現。
フレームとの接合部は純正と同じボールジョイントを採用し、ガタつきや変形を抑えています。

ステアリングダンパーとは

オフロード走行では路面の起伏によって、どうしてもステアリングへのキックバックが発生します。そのため、自動車メーカーでも純正部品としてステアリングバンパーを装着しています。
ステアリングダンパーが持つ一番の役割は、ステアリングへの振動や不規則な運動を、物理的に抑制することです。

ステアリングダンパー

ビッグカントリーステアリングダンパーの効果

1.オフロード走行時のキックバック軽減

リフトアップや大径タイヤ装着などのカスタムをすると、オフロード走行時に岩などでタイヤがとられたとき、純正ダンパーでは吸収しきれずに、勢いよくキックバックすることがあります。
ビッグカントリーステアリングダンパーは、純正よりもダンパーの減衰力を強めており、キックバックの勢いを純正以上に軽減できます。
また、不用意にステアリングホイールの内側に指を入れて握っていると、急なキックバックで指を骨折するなどの危険性があります。ビッグカントリーステアリングダンパーは、こうしたケガの防止にもつながります。


2.直進安定性の向上

路面のギャップやわだちでステアリングがとられにくくなり、直線道路でステアリングを細かく修正する必要がなくなって、運転しやすくなったと感じられます。
ステアリングダンパーそのものが直接影響して、直進安定性が向上するわけではありませんが、ステアリングセンターをキープしやすく、ブレが減るため、直進安定性が向上したように感じるというわけです。

※直進安定性の根本的な解決には、アライメント調整や、ブッシュなどの劣化・ガタの改善をお勧めします。


ステアリングダンパー

3.ステアリングのジャダー現象・シミー現象を抑制

ステアリングダンパーには、ジムニーで比較的多く発生するといわれる「ジャダー現象」や「シミー現象」の発生を抑制する効果があります。
これらの根本的な解決は、直進安定性の改善と同様に、アライメント調整やブッシュなどの劣化・ガタの改善が理想ですが、リフトアップや大径タイヤ装着のカスタム車では、それでも足りず、理想的なアライメントを保持できないなどの課題がでてくることがあります。
そこで、純正ステアリングダンパーをビッグカントリーステアリングダンパーに代えることで、ジャダー現象、シミー現象を、より抑制できるようになります。

ジャダー現象、シミー現象とは、走行中に何らかの原因でフロントタイヤと車体が振動して、結果としてステアリングが小刻みに振動する現象のこと。
走行中のステアリング振動が不快なことに加えて、安全走行に支障をきたす恐れがあります。そのまま走行を続けると、徐々に振動が大きくなり、操縦が困難になって重大な事故につながる危険性があります。


4.ステアリングが適度に重くなる

ジムニーの電動パワステのように、操作感の軽いステアリングを怖く感じるという声があります。
そこで、減衰力の強いステアリングダンパーを採用すると、ハンドルの動きを物理的に抑制するようになるため、結果として適度にステアリングが重くなります。
これは、好みによってメリット・デメリットが分かれる部分です。

ステアリングダンパーは、あくまでダンパー(減衰装置)です。衝撃を吸収する機能はありますが、反発する機能はありません。ステアリングの動きを物理的に抑制するため、ステアリングが戻ろうとする力も抑制します。
そのため、ステアリングダンパーの減衰力が強くなると、ステアリングの戻りも若干重くなります。慣れるまでは、ステアリングを切った後、意識的にステアリングを元の位置に戻すよう操作しましょう。


ビッグカントリーステアリングダンパーの特徴

ステアリングダンパー 1.減衰力

純正ダンパーよりも減衰力を強めることで、ステアリングダンパーの効果をより強く発揮させます。
そのため、リフトアップや大径タイヤ装着などを施したカスタム車に適した減衰力が得られます。


ステアリングダンパー 2.安定性

純正品よりもオイル容量を増やすことで、オイルの温度上昇を抑え、性能を安定させています。
ダート走行などの後にステアリングダンパーを触ってみると、想像以上に温度が高いことに驚くでしょう。オフロード走行では刻一刻と変化する路面状況に対応するため、ステアリング操作が忙しくなり、結果としてステアリングダンパーが頻繁にストロークして、オイル温度がすぐに上昇します。そして、オイル温度が上昇し過ぎるとダンパーの性能が悪化してしまいます。
ビッグカントリーステアリングダンパーは、オイル容量を増やして温度上昇を抑制。安定した性能を確保しています。


ステアリングダンパー 3.機能性

ビッグカントリーステアリングダンパーは、横押し専用構造を採用することで、理想的な減衰力50:50を実現しました。
伸び側と縮み側で減衰力が変わらないため、ステアリングを切るときと戻すときの重みが等しくなり、ステアリング操作に左右差が生じません。
つまり、ステアリングインフォメーションが一定というわけです。


ステアリングダンパー 4.信頼性

純正品と同様に、ボールジョイントでの取り付け方法を採用することで、信頼性を確保し、ガタつきや変形を抑えています。
また、取付位置を変更しないため、不意な衝撃で取付位置がズレたり、ストロークセンターがズレたりすることもありません。


ステアリングダンパー ラインナップ

TOYOTA

LAND CRUISER

  • CWS001
    Item Number
    CWS001
    Matching
    6# 7# 8#series All Years Model
    70series PRADO
    ※GRJ7#系を除く(*Except for GRJ7# series)
    Price(Tax included)
    ¥15,000(¥16,500)
    notes
    取付けナット付
  • CWS001
    Item Number
    CWS002
    Matching
    4#series All Years Model
    *Only for vehicles equipped with genuine products.
    Price(Tax included)
    ¥15,000(¥16,500)
    notes
    取付けナット、割ピン、グリスニップル付
  • CWS001
    Item Number
    CWS003
    Matching
    GRJ76/79
    Price(Tax included)
    ¥15,000(¥16,500)
    notes
    取付けナット付

SUZUKI

JIMNY

  • CWS004
    Item Number
    CWS004
    Matching
    JB64 JB74
    Price(Tax included)
    ¥19,800(¥21,780)
    notes
    純正交換タイプ