Instagram
facebook
BRADLEY ブラッドレー

BRADLEY V

ブラッドレー V

4x4エンジニアリングサービスの四駆用ホイール「ブラッドレー01」が登場したのは、1983年のこと。
当時、4x4に特化したホイールといえば、ほぼアメリカ製しか選択肢がない状況の中、最初はマニアックな四駆フリークから、徐々に多くのユーザーに信頼されるようにっていきました。

その後登場したブラッドレーVは、徹底した機能重視の思想のもと、これまでのホイール製造ノウハウのすべてを駆使して開発されました。低圧鋳造1ピース構造が備えた品質や耐久性の高さは、今もまったく色褪せることのない、ブラッドレーVならではの特徴です。

ブラッドレーVの発売当初は、国内よりもむしろ海外、とくにオフロードレースが盛んな欧州で大きな反響を呼び、やがて日本国内にも認知が広がっていきました。トヨタや日産、いすゞといった自動車メーカーもブラッドレーVに注目。生産ラインで装着される初の社外ホイールとして選ばれたことも話題を呼びました。

オフロード国際レースやトライアル競技に耐えうる堅牢さを備え、オフロードランでの泥詰まりを防ぐシンプルなフェイスデザインも、時を超えたマスターピースとしての存在感を発揮しています。

ブラッドレーV。それは挫折から生まれた。

私たちが、かつて味わった大きな挫折。それは1988年、パリ・ダカールラリー出走車両用に専用ホイールを製作し、供給したときのこと。
想定をはるかに超える激しい衝撃に耐えきれず、ホイールが変形。期待した成績を残すことができませんでした。
あのときの悔しさを、決して忘れない。
それが、今に至るロングセラー4x4ホイール「ブラッドレーV」登場のきっかけです。ラリーに耐えうる堅牢さをこれまでにないレベルにまで高め、コンペティション性能を徹底的に突き詰めたホイールとして今もラリーの現場で広く認知されています。

シビアな環境に耐え抜くために。ローレット加工を採用 ※

ホイールのビードシート部の表面に細かい凹凸状の加工を施す「 ローレット加工」。瞬間的に大きな回転トルクがかかった際、ビードの滑り(タイヤの空転)を防ぎます。ブラッドレーVシリーズは、より過酷なオフロード環境における高い走破性能を追求しています。

※対象モデル:6.0JJ、6.5JJ、インセット-5サイズ等。詳細はスペック表をご確認ください。

SPECIFICATION

スペック

ブラッドレーV 18インチ

ブラッドレーV 17インチ

ブラッドレーV 16インチ

GALLERY

ギャラリー

OPTION PARTS

オプションパーツ