Instagram
facebook
youtube

四駆はホイールだけになっても走れるのか!?

みなさん、こんにちは。

先日、SAF(さなげアドベンチャーフィールド)様をお借りして

ある検証を行ってきました。

それは、昨年のアジアンクロスカントリーラリー(AXCR)で、ガレージモンチ様の車両に起きた出来事です。

この泥の中に、鋭利な岩が隠れていてタイヤを切り裂きパンクしました。

最終ステージ、ラスト4キロ地点のことです!

泥の中に大きな岩があり、それを踏んだことで右リアがパンク!

それによりスタック!泥にはまり悪戦苦闘、他のチーム、現地の方に助けて頂き脱出!

ゴールは目前…。竹野選手の判断は…このまま走りきる!でした。そしてゴール!

パンクをして完全にビートが落ちた状態で約四キロ全速で、走り切りました。

ご覧の通りパンクしビートは落ちた状態での完走でした。

結果は、T1G(ガソリンクラス)3位、ジムニークラス1位、チームアワード3位を獲得しました。

帰国した竹野選手からパンクした状況を詳しく伺うことが出来ました。

竹野選手からは過去の使用実績から「信頼できるホイールだから走りきった!」

と、非常に嬉しいお言葉を頂きました。

そこで今回はこの状況を再現し検証しました!

ガレージモンチ様、竹野選手様、SAF様、LET’S GO4WD編集部様にご協力頂き

ホイールのみでオフロード走行を行ってきました!

ラリーで使用したホイールとまったく同じモデル。新品です!! (ラリーに使用したホイールも市販品です)

こんな光景はなかなか無いですよね(笑)

実はこの車両…AXCRに参加した実車なんです!

装着するホイールは弊社のジムニー専用ホイール

ブラッドレーVエボリューション(BRADLEY V EVOLUTION)です。

早速、竹野選手に走って頂きました。

左前のみホイールでの走行で、実はまっすぐ走るのも大変です。

様々なシュチュエーションで走行して頂きました。

モーグルも挑戦!!

中でも一番はコーナー走行です。

コーナーを曲がる瞬間は凄い迫力でした。

これだけの走行にも関わらずなんと!

走った後は、傷は有りますが、外見は特に変化無しです。

ホイールは割れる事なく走行出来ました。(本当はドキドキ(笑))

代わりに石が割れる珍しい光景も見ることが出来ました。

路面内の石が割れてます!!

あくまで、検証なので皆さんは絶対に真似をしないでくださいね(笑)

当日の動画を LET’S GO4WD編集部 様 に撮影をして頂きました。 

編集部のFacebookでも紹介されています。 

是非、ご覧下さい。詳しくはコチラ↓

これだけでは終われない??  続編??? 

乞うご期待!お楽しみに!