Instagram
facebook
youtube

ランドクルーザー150プラド、ディーゼル用カントリーサスペンションキット発売致しました。

■150プラドディーゼルもカントリーサスペンションキットでリフトアップ!

お待たせをいたしました、ついに150プラド、ディーゼル用の【カントリーサスペンションキット】が

発売となります。

■カントリーサスペンションキット

適合:ランドクルーザープラド150後期

型式:GDJ150W ディーゼル用

リフト量:フロント)+10ミリ~+80ミリ リア)+40ミリ

減衰力:フロント)40段 リア)14段 ハーモフレック付

※グレードTZ-G リアエアサスペンション車は取付不可

【150プラド用カントリーサスペンションキット】詳細はコチラ!

品番:71151-33 定価:240,680円(税込)

フロントリアのショックアブソーバーとフロントリアのスプリングがキットになったベーシックなキットから

フロントスタビダウンブロック、リアラテラルロッドがキットまで3ラインアップでのご案内となります。

また純正アッパーマウントキット付きも各ラインアップにご用意しています。

それではノーマルとリフトアップ時の比較となります。

まずはノーマル車高時。

ノーマル時

若干フロントが低く前下がりな印象ですね。

前後のバランスをリフトアップで決めたいところです。

そしてリフトアップ時の状態はコチラ。

リフトアップ時

リアのリフトアップと元々フロントが低い150プラドなので、前後のバランスをとるにはフロントは、

リアに比べると大きなリフト量となります。

装着時のリフト量は、

フロント:60ミリ リア:40ミリ

のアップ量となります。

フロント:ノーマル時

こちらはフロントのビフォーアフター、60ミリアップという事で大きな見た目の違いとなります。

リフトアップとタイヤの外径アップでさらなる迫力アップも頂けます。

フロント:60ミリリフトアップ時

そしてリアはコチラ。

リア:ノーマル時

リアはアップ量は固定となり、5人乗りと7人乗りによりアップ量に誤差はありますが、約40ミリのリフトアップが

可能となります。4×4エンジニアリングのデモカーは7人乗りとなりますが40ミリのリフト量を実現しています。

リア:40ミリリフトアップ時

高速走行、オフロード走行テストを重ね自信のあるサスペンションキットになっています。

車両データは150プラド、ディーゼル用後期モデルのブラックエディションとなります。

年式やグレードによってはアップ量等が若干異なる場合があります。

ご予約は受付中となっております、沢山のお問合せお待ちしております。

★全国の4×4エンジニアリング商品の取扱店舗はコチラ★

★4x4Engineering公式Instagramも更新中★

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は QR_Code_1559788737.png です